忍者ブログ
Admin*Write*Comment
野崎雅光情報ブログ
[90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 皆さん、昨日は沢山の応援有り難うございました!

 この日行われた『斉田一門会』は、中屋会長を含めた「斉田ジム出身の一門」が一同に会した興行となりました。大会運営に関わった斉田ジム、イマオカジム、元気ジム、シュウボクシングジムの方々、そして斉田会長、お疲れさまでした!

 そんな中、”八王子の小天狗”野崎雅光選手は大差の判定で勝利し、東日本新人王予選でもあった”暴れん坊将軍”林和希選手は、何とか引き分けでの優勢点によりトーナメントのコマを進めることができました。

 昨日は伊礼杯の授与式もあり、皆様に暖かく見守っていただけたことも大変うれしく思いました。それでは昨日をもう一度振り返ってみましょう!


写真提供:こんどうさん

野崎雅光、完勝でメインの役目を果たす!

5月12日(水)斉田一門会〈後楽園ホール〉

◎S・フライ級 8回戦

野崎 雅光(日本S・フライ級12位/八王子中屋/10戦8勝4KO2敗)
vs
國島 隆弘(渡嘉敷/10戦6勝1KO4敗)

 結果…判定勝ち3−0(80-72,80-72,79-75)

「緊張してます。」 

 第1試合が始まるころ、控え室で待っているまさは、その言葉が嘘ではないのだと確信させるくらいの青い表情を見せていました。

 初めてのメインイベンター、日本ランクを狙われる立場、高い目標を掲げて望んだこの日の試合、当然のプレッシャーがあったと思います。

 しかしジムはここからリングに上がるまでの彼を見たかった思いもありました。この変化した状況、立場、期待をどのようにして受け入れるのか、そしてどのようにしてこれらからくるプレッシャーをはねのけて開始のゴングを聞くのか、そしてそれをどうリングの上で証明するのか、まさがメインの舞台で試されました。

 入場してきたまさの表情は晴れ晴れとしていました。

 プレッシャーを自信に変えてみせたまさは、大きな野崎コールを受ける中、試合開始から軽快に動き続けました。前後のステップ、左でリズムをとると右へとつなげ、相手の國島選手の攻撃も捌いて試合の流れを掴みます。

 2回にバッティングで右眉を切りましたが、その後は相手の頭から入ってくる攻撃に対して右アッパーを突き上げ、インでもアウトでも圧倒していきました。

 中盤に入ると多彩なコンビネーションで更に攻撃的に試合を掌握し、ボディに対してダメージを積み重ねていきました。

 しかしランク獲りに燃える國島選手は、終盤でも諦めることなく数多くのパンチを受けながらもガードを堅め、前へ前へと出てきます。それではと、まさも変わらず運動量でサイドのステップワークを駆使して攻撃の手を緩めず、攻め立てました。

 そして最終8回でもより正確に、より攻撃的に試合を進め終了のゴングが鳴りました。結果は3−0のほぼフルマークでの判定勝利となりました。
kondou伊礼杯

写真提供:こんどうさん

 試合前、八王子中屋ジムの全日本新人王に送られる『伊礼杯』(詳しくはここで4月9日、そして第3代 『伊礼杯』受賞者 野崎雅光)授与式が行われ、昨年の全日本新人王であるまさに、故伊礼喜洋選手のお母さんから伊礼杯が送られました。
 この日の為に沖縄から来て下さった伊礼さん、本当に有り難うございました。きっとまさが今後自分の成長により(小天狗が大天狗になる頃)、この像の価値を更に高めてくれると思います。だよね?まさ!

 今年はランカーとしての力を磨く年、次回更なる活躍をご期待下さい!


野崎選手から、応援して下さった皆様へ

「初のメインに初の8回戦でいつも以上に緊張しました!
相手は気持ちが強くてタフな強い選手で戦いずらかったです。
でも周りで支えてくれているスタッフや会長の指示、応援してくれている方の声援のおかげで、最後まで諦めずに戦い勝つことが出来ました!
本当にありがとうございますm(_ _)m
まだまだ課題の残る試合だったので練習で一個ずつ直しチャンピオン目指して頑張ります!!
これからも応援よろしくお願いしますm(_ _)m」



動画をUPしました。


20100512 野崎雅光(携帯用)


2010512 野崎雅光 試合後のコメント(携帯用)

写真提供:こんどうさん
こんどうさんの写真館(下の4枚以外の写真も沢山UPされています。)











写真提供:渡邊文幸
渡邊文幸PhotoGallery(下の4枚以外の写真も沢山UPされています。)












林和希、悔しい引き分けも優勢点で次戦へ進む!

◎東日本新人王予戦 ライト級 4回戦

林 和希(八王子中屋/3戦3勝3KO)
vs
竹浦 翔大(シュウ/4戦2勝2KO2敗)

 結果…引き分け 勝者扱い 1−0(37-39,39-39,38-38)


写真提供:渡邊文幸

 東日本新人王予選の第1試合として行われたこの試合、相手は今までにスパーの経験もあり顔の知ったる竹浦選手、いろいろな意味で非常にやりにくい相手でした。

「おおお!!」

 第1回、試合開始と同時に林選手の豪腕左フックが空を切ると、会場が大きくどよめきました。その時、その林選手に対しパンチを合わせてきた竹浦選手、かなり研究をしてきていることが最初の場面で読み取れました。

 そんな立ち上がりから始まったこの試合、そして更に事態は急展開に!!

 、、とはならず、互いに睨み合う時間、後の先を狙う展開で試合が進み、レフェリーがたまらず間に入ってパンチの交換を要求しました。そこで出てきたのが竹浦選手、林選手はノーガードを見せたりと挑発で、ある意味リズムを掴もうと(いや、それは違うか)していました。

 しかし、如何せん手が出ていない。竹浦選手も林選手の強力なプレッシャーの前に腰が引けてはいましたが、それでも果敢に攻めてきた分だけ試合の展開を有利に進めていました。

 そんな中で迎えた最終4回、林選手はいつもの暴れん坊っぷりをようやく発揮します!豪雨のごとくパンチを振るい、殴りに殴って、ダメージを与え、あわやの場面も見せて、試合は終了。林選手はキャリア4戦目にして初めての判定結果を待つこととなりました。

 1者目は39−37で相手の竹浦選手、残りの2者が38−38のドローとなり、公式結果ではドロー、そして新人王ルールの優勢点で林君は2者から指示を受け、トーナメント2回戦に進むことになりました。

 今回の試合の中、問題も沢山見せた林選手。それでも、どれだけの選手が一つの空振りで会場の全ての目をリングに集められるでしょうか?彼はその問題以上の魅力をかけ備えています。今回見えた問題点をどこまで克服し、またそれ以上の魅力をだす事が出来るか、、、

 その答えは次の予選第2試合、7月29日(木)までお待ち下さい!必ず、次回こそ”真・暴れん坊将軍”の姿を見せてくれるでしょう!

 皆様、野崎雅光選手、林和希選手の応援有り難うございました!次回も是非宜しくお願い致します!


林選手から、応援して下さった皆様へ

「もっと強くなれるよう精進します…

応援ありがとうございました。」



写真提供:渡邊文幸









東日本ボクシング協会公式携帯サイトボクシングモバイルの試合速報(有料)にも、試合内容と画像がUPされています。(無料ページもあります)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
八王子中屋ジム 野崎雅光選手の情報ブログです!
  • 応援して下さる皆様
  • 最新コメント
[07/01 ボクシング大好き]
[07/01 アッフォガット]
[02/16 ボタン乾電池]
[02/15 ジムHP管理人]
[02/09 すいか]
[12/13 ボタン乾電池]
[12/07 えむむ]
[11/26 吉永工業]
[11/21 まさ]
[11/21 パークSC 三浦]
  • カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • バーコード
  • プロフィール
HN:
ジムHP管理人
性別:
非公開
自己紹介:
■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。
  • アクセス解析
Copyright © 野崎雅光情報ブログ All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]